CASE REPORT施術事例

顔・目

目頭切開の修正(蒙古ひだ形成) 2018/10/26

Before/施術前 ▶ After/施術後(1か月)
施術前シュミュレーション ▶ After/施術後

目頭切開は、内側の襞(蒙古壁:もうこひだ)を切開する施術です。

適応は、

①涙丘が隠れて、目と目の間が離れている印象をのある方

②末広型の二重を平行型にしたい方

③目を大きくして、鼻筋の通った印象にしたい方

 

Before/施術前(メイクなし)▶術前シュミレーション
Before/施術前(メイクあり)▶After/施術後(3ヵ月)

 

それとは逆に蒙古ひだ形成は蒙古ひだである目頭の壁を作る方法です。目頭切開などで露出しすぎた涙丘や近くなりすぎてしまった目の距離などを戻す方法です。

カテゴリー
目の上
施術内容

目頭切開

施術の説明:目頭修正(蒙古ひだ形成)

施術のリスク:出血、感染、後戻り、血腫形成、皮膚壊死、皮膚の瘢痕固縮、だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱、目がゴロゴロする、左右差があると感じる、違和感を感じるなど

価格:片目 ¥150,000(税別)価格表はこちら

院長のコメント

この方は過去に目頭切開などの手術歴がある方ではありませんでしたが、涙丘といって目頭にあるピンクの粘膜の部分が完全に露出している出ている方でした。目頭切開の場合は蒙古ひだをなくして涙丘を露出しますが、蒙古ひだ形成は逆に涙丘を隠す手術法です。今回は目頭の上にある皮膚を回転させて下に移動させる皮弁法(逆Z形成と言われる)で行っています。

 

術後の経過

Before/施術前 涙丘が完全に露出しています。
施術直後 麻酔の影響などで腫れています。
施術1日目 施術直後に認めた内出血斑は薄くなっています。
施術7日目 傷の赤みは残っていますが、出血斑は消えました。ダウンタイムは比較的短かったと思われます。
施術1ヶ月後 二重幅は末広型で涙丘は隠れています。
LINEで送る
Pocket

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
電話での診療予約は 045-586-1112
メールで無料相談
ネットで診療予約
M's
PAGE TOP