男性に好評!~眉下切開術(上眼瞼リフト)~目元の印象を変えずにスッキリとした目元に | 横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック

横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック

横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック

CASE REPORT施術事例

男性に好評!~眉下切開術(上眼瞼リフト)~目元の印象を変えずにスッキリとした目元に

70代/男性 

2020/03/22

Before/施術前(フラッシュあり) ▶ After/施術後(フラッシュあり)
Before/施術前(フラッシュなし) ▶ After/施術後(フラッシュなし)

眉下切開術(上眼瞼リフト):眉毛の下を切開して皮膚を切除します。ダウンタイムを短くする場合は皮膚のみの切除を行います。このケースでは皮膚が厚く、余剰皮膚が多く、また上まぶたの外側のたるみが顕著でした。この場合、筋肉も緩んでいることが多いので眼輪筋を一部切除しています。

施術カテゴリー

詳しい施術内容

目の上(二重、たるみ)

施術の説明:
上眼瞼リフト(眉下切開法)

施術のリスク:
出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔によるアレルギー、再発、ドライアイ、一過性の視力低下、顔貌の変化、二重の左右差、上まぶたの皮膚知覚障害、目の中のゴロゴロ感、頭痛、吐き気、再発など

価格:片側 ¥150,000円(税別)、両側¥300,000円(税別)

価格表はこちら

この施術に関して

この施術に関して

男性も同様に上まぶたが弛んできます。とくに外側が弛んできます。男性はあまり目元の印象を変えたくないというのがあります。通常の眼瞼下垂症手術は睫毛上切開で行います。二重がクッキリとするので手術前のシミュレーションで拒絶される方がほとんどです。眼瞼下垂症状が軽度であれば男性の場合には眉下切開法をおススメしています。

術後の経過

術直後

手術直後の状態です。若干腫れているように見えますが麻酔液の影響です。創部は眉毛の下に隠れます。今回は透明な糸で縫合しているので傷跡が目立ちにくいと思われます。

筆者のご紹介

横浜市鶴見のエムズクリニック院長三沢 尚弘

エムズ皮フ科形成外科クリニック 院長三沢 尚弘

資格

  • 日本形成外科学会形成外科専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 米国医師国家試験合格
  • 日本医師会スポーツ認定医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • AHA BLS/ACLS Provider
  • AAP NRP Provider

所属学会

  • 日本形成外科学会正会員
  • 日本皮膚科学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本救急医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容医療協会
  • 日本臨床毛髪学会
  • 見た目のアンチエイジング研究会

PAGETOP