術後の母乳も認める【陥没乳頭】ーキズが目立たないM's小切開法 | 横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

CASE REPORT施術事例

術後の母乳も認める【陥没乳頭】ーキズが目立たないM’s小切開法

30代/女性 

2021/04/17

今回ご紹介するケースは、射乳(母乳がでる状態)ができる方の両側陥没乳頭形成術です。

Before/施術前(左) ▶ After/施術後(左)
Before/施術前(右) ▶ After/施術後(右)

M’s小切開法で行いました。

施術カテゴリー

詳しい施術内容

陥没乳頭

施術の説明:
陥没乳頭手術:小切開法にて行い、陥没した乳頭を改善します。

施術のリスク:
出血、感染、乳頭壊死、知覚障害、授乳障害、再発など

価格:保険適用の場合:自己負担金(3割) ¥45,000

価格表はこちら
Before/施術前 ▶ After/施術後

この施術に関して

この施術に関して

乳汁分泌を認める方の両側陥没乳頭形成:M’s小切開法を行いました。第一子のときに赤ちゃんが乳頭を咥えることができず授乳障害を認めていたようです。第二子のときには「しっかりと突出した乳頭で母乳で育てたい!」という思いがあり今回治療を決心されました。M’sオリジナルの小切開法は①術後の痛みが少なく、②再発率も少ない、そして、最大の特徴である③傷が目立たないのほかに④術後の乳管損傷がないというのが今回のケースでも確認できました。

術後の経過

手術前

治療前の状態です。陥没乳頭重症度GradeⅡでした。

術中所見①

手術中より乳頭からの乳汁分泌を認めました。

術直後①

手術直後の状態です。

術後7日

術後7日目の状態です。血液と乳汁の分泌を認めました。

術後30日

術後30日ではきれいな乳汁のみを認めました。

治療後

再発は認めておりません。

術後の経過

術後の乳汁分泌

術後1ヶ月の状態ですが、両側から乳汁分泌を正常に認めていました。

筆者のご紹介

横浜市鶴見のエムズクリニック院長三沢 尚弘

形成・美容外科 エムズクリニック 院長三沢 尚弘

資格

  • 日本形成外科学会形成外科専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 米国医師国家試験合格
  • 日本医師会スポーツ認定医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • AHA BLS/ACLS Provider
  • AAP NRP Provider

所属学会

  • 日本形成外科学会正会員
  • 日本皮膚科学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本救急医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容医療協会
  • 日本臨床毛髪学会
  • 見た目のアンチエイジング研究会

PAGETOP