陥没乳頭手術【他院修正】症例① | 横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

CASE REPORT施術事例

陥没乳頭手術【他院修正】症例①

20代/女性 

2022/11/12

Before/施術前 ▶ After/施術後
Before/施術前 ▶ After/施術後

この施術に関して

この施術に関して

2年前に他院で陥没乳頭手術を受けた方です。陥没乳頭手術を他院修正術を行いました。突出も良好で、傷跡も分からない状態です。過去に一度でも手術した乳頭を再手術で突出した状態にするのは、初回の手術に比べ非常に難易度が高くなります。初回の場合、当院では小切開法を行うのですが、手術が2回目以降の他院修正術では原則的には小切開法は行いません。

M’s小切開法に関してはこちらをご覧ください→https://msclinic-beauty.net/2020/11/04/陥没乳頭【保険適用】切らない手術法-原因とリ/

他院修正や重度の場合などでは下記の方法で行います。小切開法よりも切開する部位が多くはなりますが、傷あとも目立たず、かつ再発もしにくい方法だと考えております。

術後の経過

治療前

平坦型の陥没乳頭です。2年前に他院で手術を受けています。乳頭や乳首周囲に目立った傷がないのが幸いでした。

手術①

切開線は乳頭基部(乳首の根元)で多ないます。

手術②

乳管を傷つけないように真上に引っ張りあげます。

手術③

引っ張りあげた乳管が落ち込まないように乳頭基部を縫合します。

手術④

皮弁を回転させることで乳頭が落ち込むことを予防します。

手術⑤

縫合を行い終了です。

手術直後①

手術直後の状態です。術直後より乳頭部は突出しています。術後出血をきたしやすいの翌日は必ず来院して頂きます。

手術直後②

抜糸に関しては創部の状況にもよりますが、術後7〜10日目に行います。

術後1ヶ月

切開線は乳頭基部に収まりるので、1ヶ月経過した状態もご覧のように傷跡は目立ちません。

施術カテゴリー

詳しい施術内容

乳輪・乳頭

施術の説明:
(右)陥没乳頭他院修正

施術のリスク:
出血、感染、乳頭壊死、知覚障害、授乳障害、再発など

価格:片側 ¥150,000(税別)

価格表はこちら

筆者のご紹介

横浜市鶴見のエムズクリニック院長三沢 尚弘

形成・美容外科 エムズクリニック 院長三沢 尚弘

資格

  • 日本形成外科学会形成外科専門医
  • 日本美容外科学会専門医(JSAPS)
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 米国医師国家試験合格
  • 日本医師会スポーツ認定医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • AHA BLS/ACLS Provider
  • AAP NRP Provider

所属学会

  • 日本形成外科学会正会員
  • 日本皮膚科学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本救急医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容医療協会
  • 日本臨床毛髪学会
  • 見た目のアンチエイジング研究会

PAGETOP