CASE REPORT施術事例

顔・目

目の下のクマがひどい…クマの分類と治療事例を解説! 40代/女性  2018/10/28

目の下のクマにはいくつかの種類があります。

・出クマ(通称:黒クマ、影クマ)

・透けクマ(通称:赤クマ、青クマ)

・色クマ(通称:茶クマ)

 

その中でも出クマ(通称:黒クマ、影クマ)のタイプです。

出クマとは、「出ているタイプのクマ」を意味します。そして、その出ているのは下図に示す眼窩脂肪という脂肪です。眼窩脂肪が出ていると目の下が膨らみ段差が生じてができます。その影によって目元を暗して“疲れている”ように見えたり、実年齢よりも老けて見えてしまうのです。

目の下のクマ治療 説明 写真

出クマの治療は、出ている眼窩脂肪をまぶたの裏側からアプローチをして、目の下の膨らみを作っている原因である脂肪を適量を取り出します。

目の下のクマ治療 脱脂術

 

皮膚を切らずまぶたの裏側から手術を行います。これを脱脂術と言います。脱脂術は、まぶたの裏側から行うので表から行う手術=皮膚を切って行う手術に比べて出血のリスクが少ない施術となります。

脱脂のみの手術時間は両側で30分程度となります。

Before/フラッシュなし撮影 ▶ After/フラッシュなし撮影
Before/フラッシュなし撮影 ▶ After/フラッシュなし撮影
Before/フラッシュなし撮影 ▶ After/フラッシュなし撮影

このケースの場合、目頭から下側にくっきりした線(黄色で囲った部分)があります。これはTear Trough Deformity(TTD)と呼ばれるものです。このTTDは眼窩脂肪の突出によって形成されいます。この線が延長したものがいわゆるゴルゴライン(ゴルゴ線)と呼ぼれるものになります。ゴルゴラインはNasojugal Groove(NG)と呼ばれます。

生まれつき眼窩脂肪が多い方、眼球が大きくそれに伴って眼窩が広い方などでは相対的に眼窩脂肪の量が多くなります。そのため、若い頃から目の下の膨らみがあってTTDが認められる場合があります。

一方、加齢によって起こるTTD、そしてNGを認める場合は眼窩脂肪の突出だけではなく、加齢によって下まぶたの皮膚の萎縮、SOOFの萎縮、頬脂肪体の下垂などによって起こります。

このケースでは、脱脂だけでもTTDの改善は認められます。ですが、40代なので皮膚の萎縮や頬脂肪体の下垂が少なからず認める場合は脱脂だけでは不十分なので脂肪注入が必要になります。

脂肪注入(ピュアグラフト)に関する詳細は、こちらを↓

目の下のクマ治療 脂肪注入

カテゴリー
目の下
施術内容

目の下のクマ治療

施術の説明:脱脂術+脂肪注入

施術のリスク:術後出血、涙に血が混じる、目の上・下のくぼみ(脂肪を取りすぎた場合)、仕上がりの左右差

価格:脱脂+目の下の脂肪注入(ピュアグラフト) ¥450,000(税別)価格表はこちら

院長のコメント

脱脂と脂肪注入を同時に行いました。ゴルゴラインまでいかない目の下のクマでした。脱脂だけでも可能な場合もありますが、40代とまだお若い方ですが加齢による頬脂肪体の下垂は少なからず認めます。お顔のバランスなども考慮して脱脂+脂肪注入を行いました。目の下〜頬にかけての『理想のカーブ』を作ることができて目元がハッキリとして明るくなりました。

術後の経過

治療前
脱脂直後 脱脂した直後で内出血はほとんど起こりませんでした。
脱脂した眼窩脂肪 適度に眼窩脂肪を取り出します
脂肪注入直後 クマは完全に消えました。
治療3か月後 3ヶ月経過しても術直後の目の下の形態は維持されています。

よくある質問

Q脱脂術のみではダメなのですか?

A脱脂術は、目の下の膨らみである眼窩脂肪を減量する施術です。取りすぎると凹みますので、適切な量を取り除く必要あります。脱脂を行うことで目の下の膨らみはなくなります。ですが、脱脂術単独で目の下の膨らみだけが解消されてもM'sがご提案する『理想のカーブ』にならない方がいます。それほ頬の位置が低かったり、頬が下垂している場合です。その場合は、脂肪注入を行なって脂肪の再分配をすることが必要です。脱脂術+脂肪注入とのセットで行うことで『理想のカーブ』を作ることが可能になります。

Q術後はメイクできますか?

A手術当日はお控えください。翌日よりコンシーラー、ファンデーションの使用が可能なため、内出血が出た場合にはカモフラージュできます。アイメイクに関しましては手術後3日目以降から可能となります。

Q脂肪注入は永久的ですか?

A脂肪注入は移植です。通常太ももの内側から採取したものを頬に注入します。移植なので生着率ということが問題になります。生着率とは、例えば100個の太ももの脂肪細胞を頬に注入して移植した場合、頬の組織内に太ももの脂肪細胞が100個そのまま生着(頬の脂肪組織となること)することを生着率=100%となります。
100%生着する手法はいまだに存在しないのが現状です。
しかし、その中でもピュアグラフトという移植する脂肪を処理するシステムがあります。このピュアグラフトを使用することで生着率90~95%が期待できます。移植後の効果判定は施術後6か月以上経過しないと分かりません。効果の永続性に関しては、90~95%の方は長い効果の継続性が期待できますが、5~10%の方では減少することもあります。

Q脂肪注入には保証制度はありますか?

Aはい、ございます。ボリューム不足を感じた場合には再度脂肪を注入することにより改善可能です。その際のご費用は通常の半額とさせて頂いております。

Q脂肪注入のピュアグラフトとはなんですか?

Aピュアグラフトとは、採取した脂肪から水分(血液、麻酔液など)不純物を取り除いた純粋な脂肪のみを抽出するシステムのことを言います。このシステムを用いた場合の脂肪注入の効果としての成績が上がり、海外における脂肪注入をする形成・美容外科医からの支持率も高いのがピュアグラフトです。

Qピュアグラフトとそれ以外の脂肪注入法(コンデンスリッチ(CRF)など)との違いは何ですか?ピュアグラフトのメリットはなんですか?

Aピュアグラフトとそれ以外の方法、とくにコンデンスリッチファット法(CRF)との大きな違いは、①必要な脂肪量と②遠心分離法を用いるという二つの点になります。
まず、①必要脂肪量ですが通常目の下のクマ治療に用いられる移植脂肪量は10cc程度で十分です。一方で、コンデンスリッチファット法(CRF)は50ccと多く、採取部位の負担が大きくなります。
次に、②遠心分離法ですが歴史的にはこの方法によって脂肪移植の生着率がアップしました。しかし、最近では高速で遠心分離法を行うと脂肪細胞が破壊するということが指摘されています。コンデンスリッチファット法(CRF)は、遠心分離法を用います。移植するための細胞ですので、出来るだけ愛護的に扱いダメージを少なくし、活性度の高い脂肪を移植することで炎症を抑えて行うことで生着率アップにつながります。また、それだけではなく、炎症ある脂肪細胞を移植すると移植した部位がシコリとなります。
以上からもピュアグラフト法は、負担を最小限にして行える方法なので海外での支持率は高く、医学的なデータでも立証されている方法です。当院で行う脂肪注入はこのピュアグラフトを使用して行います。

LINEで送る
Pocket

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
電話での診療予約は 045-586-1112
メールで無料相談
ネットで診療予約
M's
PAGE TOP