CASE REPORT施術事例

顔・目

目の下のクマ・たるみ治療 2018/08/25

目の下のクマは、『疲れている?』という印象を与えてしまいがちです。お顔全体も暗い印象を与えるので結果的には実年齢良いも老けた顔になってしまいます。一方で、元気で若さを感じるお顔は、目の下から頬にかけての『理想のカーブ』があるのが特徴です。

 

M’sのクマ治療はこの『理想のカーブ』を目指します。

そのためには、脱脂術+脂肪注入が必要です。

 

 

Before/フラッシュ撮影+ メイクなし ▶ After/フラッシュ撮影+メイクなし  
Before/フラッシュ撮影なし メイクなし ▶ After/フラッシュ撮影なし メイクなし 

脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)

上の写真がフラッシュ(あり)撮影

下の写真がフラッシュ(なし)撮影

皮膚を切らないで、まぶたを『あかんべー』をした際に見えるピンクの粘膜を切開します。皮膚を切らないので術後の腫れや内出血がほとんどないです。高周波超音波メスを使用するので出血も少なく、短時間で治療が終了します。ダウンタイムも比較的少ないのが特徴です。

 

脂肪の生着率が高いピュアグラフトを使用

 

ピュアグラフトによって純粋な脂肪細胞のみを取り出すことが可能です。

 

カテゴリー
目の下
施術内容

目の下のクマ治療

施術の説明:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

施術のリスク:施術のリスク:だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱、目がゴロゴロする、左右差があると感じる、違和感を感じる、目の上、目の下のくぼみなど

価格:¥450,000(税別)価格表はこちら

Before/フラッシュなし(正面) ▶ After/フラッシュなし(正面)
Before/フラッシュなし(右斜め) ▶ After/フラッシュなし(右斜め)
Before/フラッシュなし(左斜め) ▶ After/フラッシュなし(左斜め)
Before/フラッシュ+(正面) ▶ After/フラッシュ+(正面)
Before/フラッシュ+(右斜め) ▶ After/フラッシュ+(右斜め)
Before/フラッシュ+(左斜め) ▶ After/フラッシュ+(左斜め) 

院長のコメント

通称、黒クマ(影クマ)と呼ばれている目の下のクマです。眼窩脂肪の突出があるのでいくら化粧をしても隠せないのが特徴です。この眼窩脂肪をある程度(ここが重要です!)取らなければクマは改善しません。取らないで注入だけしても、『理想のカーブ』を描くような目の下の形は作られません。そこで行うのが脂肪注入です。

術後の経過

脱脂した後 下まぶたの眼窩脂肪は3つのコンパートメントに分かれています。この方の場合、内側、真ん中の2カ所を除去する必要がありました。
施術直後
施術3日目 内出血は左目にありますが、お化粧で隠せます。
施術7日目 腫れもほとんどなくなります。
施術1か月後 1か月目です。クマは完全に消えました。
施術3か月後 3か月目です。目の下の形状はキープされています。

よくある質問

Q脱脂術のみではダメなのですか?

A脱脂術は、目の下の膨らみである眼窩脂肪を減量する施術です。取りすぎると凹みますので、適切な量を取り除く必要あります。脱脂を行うことで目の下の膨らみはなくなります。ですが、脱脂術単独で目の下の膨らみだけが解消されてもM'sがご提案する『理想のカーブ』にならない方がいます。それほ頬の位置が低かったり、頬が下垂している場合です。その場合は、脂肪注入を行なって脂肪の再分配をすることが必要です。脱脂術+脂肪注入とのセットで行うことで『理想のカーブ』を作ることが可能になります。

Q術後はメイクできますか

A手術当日はお控えください。翌日よりコンシーラー、ファンデーションの使用が可能なため、内出血が出た場合にはカモフラージュできます。アイメイクに関しましては手術後3日目以降から可能となります。

Q脂肪注入は永久的ですか?

A脂肪注入は移植です。通常太ももの内側から採取したものを頬に注入します。移植なので生着率ということが問題になります。生着率とは、例えば100個の太ももの脂肪細胞を頬に注入して移植した場合、頬の組織内に太ももの脂肪細胞が100個そのまま生着(頬の脂肪組織となること)することを生着率=100%となります。
100%生着する手法はいまだに存在しないのが現状です。
しかし、その中でもピュアグラフトという移植する脂肪を処理するシステムがあります。このピュアグラフトを使用することで生着率90~95%が期待できます。移植後の効果判定は施術後6か月以上経過しないと分かりません。効果の永続性に関しては、90~95%の方は長い効果の継続性が期待できますが、5~10%の方では減少することもあります。

Q脂肪注入には保証制度はありますか?

Aはい、ございます。ボリューム不足を感じた場合には再度脂肪を注入することにより改善可能です。その際のご費用は通常の半額とさせて頂いております。

Q脂肪注入のピュアグラフトとはなんですか?

Aピュアグラフトとは、採取した脂肪から水分(血液、麻酔液など)不純物を取り除いた純粋な脂肪のみを抽出するシステムのことを言います。このシステムを用いた場合の脂肪注入の効果としての成績が上がり、海外における脂肪注入をする形成・美容外科医からの支持率も高いのがピュアグラフトです。

Qピュアグラフトとそれ以外の脂肪注入法(コンデンスリッチ(CRF)など)との違いは何ですか?ピュアグラフトのメリットはなんですか?

Aピュアグラフトとそれ以外の方法、とくにコンデンスリッチファット法(CRF)との大きな違いは、①必要な脂肪量と②遠心分離法を用いるという二つの点になります。
まず、①必要脂肪量ですが通常目の下のクマ治療に用いられる移植脂肪量は10cc程度で十分です。一方で、コンデンスリッチファット法(CRF)は50ccと多く、採取部位の負担が大きくなります。
次に、②遠心分離法ですが歴史的にはこの方法によって脂肪移植の生着率がアップしました。しかし、最近では高速で遠心分離法を行うと脂肪細胞が破壊するということが指摘されています。コンデンスリッチファット法(CRF)は、遠心分離法を用います。移植するための細胞ですので、出来るだけ愛護的に扱いダメージを少なくし、活性度の高い脂肪を移植することで炎症を抑えて行うことで生着率アップにつながります。また、それだけではなく、炎症ある脂肪細胞を移植すると移植した部位がシコリとなります。
以上からもピュアグラフト法は、負担を最小限にして行える方法なので海外での支持率は高く、医学的なデータでも立証されている方法です。当院で行う脂肪注入はこのピュアグラフトを使用して行います。

LINEで送る
Pocket

  • ドクターについて
  • M'sアートメイク
  • M'sダイエット
  • エムズの眼瞼下垂治療
  • 未成年の方は「親権者同意書」をダウンロードしてください
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
M's
PAGE TOP