CASE REPORT施術事例

顔・目

腫れぼったいまぶた、眼瞼下垂症治療でスッキリ、キリッと! 30代/男性  2019/04/16

Before/施術前 ▶ After/施術後

両側眼瞼下垂症手術、挙筋前転術を行いました。

カテゴリー
目の上
詳しい施術内容

切らない眼瞼下垂

施術の説明:眼瞼下垂手術:皮膚切開を行い挙筋前転法にて目の開きを改善させます。

施術のリスク:出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔によるアレルギー、再発、ドライアイ、一過性の視力低下、顔貌の変化、二重の左右差、上まぶたの皮膚知覚障害など

価格:保険適応の場合は、3割自己負担で約45000円です。価格表はこちら

Before/施術前 ▶ After/施術後
Before/施術前 ▶ After/施術後

院長のコメント

治療前、眼球の上転障害が認められました。癒着しており眼窩脂肪や眼輪筋などが抵抗成分となりまぶたを上げる動作を妨げていたものと考えられました。挙筋前転を行い、適度な眼輪筋および眼窩脂肪を取り除きました。機能だけではなく、まぶたの腫れぼったさがなくなり見た目的にも目元がスッキリしました。

術後の経過

治療前(上を見たとき) 治療前、上転障害があります。上を見るのが辛い、見えにくい症状がありました。
治療後(上を見たとき) 上を見たときの黒目と白目のバランスをご覧ください。治療前と下の治療後で違いがわかるかと思います。
術中所見 非常に眼輪筋が発達している方でした。
Pocket

  • ドクターについて
  • M'sアートメイク
  • M'sダイエット
  • エムズの眼瞼下垂治療
  • 未成年の方は「親権者同意書」をダウンロードしてください
  • パーソナルトレイニング M's Gym
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
M's
PAGE TOP