眼瞼下垂症手術、どっちが良い!? Muller(ミューラー筋)タッキング V.S. 挙筋前転法!! | 横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

CASE REPORT施術事例

眼瞼下垂症手術、どっちが良い!? Muller(ミューラー筋)タッキング V.S. 挙筋前転法!!

30代/女性 

2019/05/15

今回ご紹介する方は、

30代 女性

眼瞼下垂症手術を他院で3年前に施行されたことがある方です。左目の片目だけが再発した?ということでご来院されました。

 

  • 二重が乱れている
  • 眠そうな目
  • 左右差
  • 目の上が凹んでいる
  • 眉毛が上がっている

左目、すべてに当てはまります。

⇩治療前後の比較です。いかがでしょうか?

Before/施術前 ▶ After/施術後

改善し、左右のバランスがほぼとれたと思います。

次に、この結果が出るまでの治療プロセスで経皮的=皮膚を切る眼瞼下垂症手術を行ったわけですが、それに関してこれから詳しく説明したいと思います。

*一連の流れに関しては下の『術後の経過』をご覧ください。

 

表側の皮膚を切るとラインは、前回の手術で行なった皮膚切開線を利用して行います。

挙筋腱膜を持ち上げるとMuller筋(ミューラー筋)が見えます。そこに三箇所の糸を見つけました。前回の手術はMuller筋タッキング法だったということが分かりました。

糸は取り除き、挙筋腱膜を前転し三箇所でしっかりと固定し直しました。Muller筋の糸を外すと左まぶたは完全に下垂して、大きく見開いても力は伝わらず目を開らけない状態です。そして、挙筋腱膜固定をすることでまぶたが上がり、すわった状態でも黒目の大きさがほぼ同じでした。

 

今回、このケースを経験して分かったことですが・・・、

このケースにおける初回手術は他院での施行なのでどういった術式で行われたのか?術前に知ることは不可能でした。

結果的に、初回手術:Muller筋タッキング法でした。この術式を用いる方は確かに形成・美容外科医の中でも存在します。

挙筋前転(腱膜固定)法が良いのか?Muller筋タッキング法が良いのか??まだ決着がついていない状況です。

しかし、

このケースを通じて一つ言えるのは、一度Muller筋タッキングが行われているケースでは二度同じ手法を使っても一時的な改善は見込めるものの、長期成績は良くないことです。

 

切るor切らないの術式において、それぞれ一長一短があるので一概にどれがベストである!というのが言えない現状です。

 

その方のまぶたの状態や諸事情(ライフスタイルなど)を総合的に判断して術式を選択されるのが現状で言える適した方法なのでは?と思う次第です。

詳しい施術内容

目の上(二重、たるみ)

施術の説明:
二重切開+挙筋前転・皮膚切除付加

施術のリスク:
出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔によるアレルギー、再発、ドライアイ、一過性の視力低下、顔貌の変化、二重の左右差、上まぶたの皮膚知覚障害など

価格: 二重切開法+挙筋前転法など ¥250,000(税別)~¥600,000(税別)

Before/施術前 ▶ After/施術後
Before/施術前 ▶ After/施術後

この施術に関して

この施術に関して

二重、眼瞼下垂症手術など表側の皮膚を切って治療をした既往のある方が下垂症状を呈したとき、まぶたの裏側より行う『Muller筋タッキング法』は時には有効な場合があります。しかし、今回のような表側より行った治療がMuller筋タッキングの場合、改善が見込めない場合があります。そういったケースでは従来通り再度表側よりアプローチをして癒着や障害(今回の場合糸など)を解除して挙筋腱膜を固定する方が良い方法だと考えます。

術後の経過

治療前

初診時の状態です。過去(3年ほど)に眼瞼下垂症手術を他院(美容外科)で受けられた方です。右の開きは良好ですが、左は黒目の半眼が上まぶたで隠れています。それに伴い上まぶたの凹みや眉毛の挙上を認めます。

切らない眼瞼下垂(手術前)

修正を希望されたのですが、ダウンタイムが取れないということで『切らない眼瞼下垂症手術を行うことになりました。

切らない眼瞼下垂(手術中)

切らない眼瞼下垂症手術は皮膚を切らずまぶたの裏側から行います。

切らない眼瞼下垂(術後1週間)

切らない眼瞼下垂の最大なる特徴はダウンタイムが短いことです。1週間で腫れなどは完全になくなります。

切らない眼瞼下垂(術後3ヶ月)

切らない眼瞼下垂術後の3カ月経ったのですが、左目の二重幅が広くなり始めました。後戻りです。

二重切開+挙筋前転付加(手術前)

後戻りを修正するため、経皮的=皮膚の表側より行ってしっかりと修正することになりました。

二重切開+挙筋前転付加(手術中)

挙筋前転を行いしっかりと腱膜を3箇所で固定終了。

取れた糸

前回の手術はMuller筋タッキング法でした。タッキングに使用された糸は三箇所認めたので全て抜糸をして除去しました。

二重切開+挙筋前転付加(術直後)

手術直後の状態です。黒目の大きさはほぼ同じです。

二重切開+挙筋前転付加(術後1週間)

二重の上にできているシワは、一見すると三重=予定外重瞼線に見えます。これはそうではありません。まつ毛近くの皮膚が浮腫んでいることで見えるだけです。

二重切開+挙筋前転付加(術後1ヶ月)

術後1カ月の状態です。左右差はほぼありません。

筆者のご紹介

横浜市鶴見のエムズクリニック院長三沢 尚弘

形成・美容外科 エムズクリニック 院長三沢 尚弘

資格

  • 日本形成外科学会形成外科専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 米国医師国家試験合格
  • 日本医師会スポーツ認定医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • AHA BLS/ACLS Provider
  • AAP NRP Provider

所属学会

  • 日本形成外科学会正会員
  • 日本皮膚科学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本救急医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容医療協会
  • 日本臨床毛髪学会
  • 見た目のアンチエイジング研究会

PAGETOP