CASE REPORT施術事例

体

M’sダイエット!!〜筋肉を応援〜激やせで伸びきった・タルんだ皮膚を撃退!タミータック x リポセル 40代/男性  2019/02/16

今回ご紹介するのは、タミータックです。

 

タミータック/Tummy Tucking

 

タミータックと聞いても『何それ?』と思われるかもしれません・・・、

*タミーとは、お腹、  タック=吊り上げる

という意味です。

 

タミータックとは、お腹のタルミ除去術を言います。

 

妊婦や太った方などで急激に太った!太った体から急激に痩せた!!など、体重減少が激しいため皮膚が順応しきれずに引き伸ばされた結果、その皮膚が戻らない、、、

そういった方が抱えるお悩み=皮膚のたるみ

を解消するのがこのタミータックです。

 

今回のケースは、40代 男性

お悩み:下腹部のたるみ

120kgあった体重をパーソナルトレーニングを通して、見事ダイエットに大成功!!!

と、いうよりも

それ以上に体は鍛え上げられて、↓ご覧のように筋肉が立派に肥大をされた方です。

ですが、

治療前

お腹、下腹部に注目して頂きたいのですが、たるみが出ているのがお分かりかと思います。

大胸筋や肩などがしっかりしているの、下腹部が弛んでいるとちょっと残念です(今の私もヒトのこと言えた立場ではありませんが、笑)。。。

治療前と治療後の比較です。どうでしょうか? 違いがお分かりかと思います。

*まだ治療1ヶ月なのでキズ跡が残っており、ボコボコしています。これは次第になくなります。

Before/フラッシュなし ▶ After/フラッシュなし

タミータッキングは、欧米や欧州などで肥満体国でポピュラーな施術です。

脂肪吸引などで脂肪を減少させることはできますが、ボリュームが少なくなったことで起こる余剰皮膚(皮膚あまり)を減らすことはできません。

ですから、余剰皮膚を下腹部でとったり、そのほかArm liftといって二の腕の皮膚をとる施術があります。

今回の方の場合、脂肪は日頃のトレーニングでほぼ認めませんというか、脂肪を取る必要がありません。

下腹部に溜まった皮膚を取ればよいだけです。

ですから、ビキニライン=ビキニで隠れる部位に皮膚切開線を設定して余剰皮膚【余った皮膚】を取りました。

プラス、下腹部にリポセルMax レベル15左右3か所ずつ、計6か所を照射しています。

 

ご希望のV taper(Vテーパー;Vのように先細りをするライン)ラインが作れたのではないかと思います。

その結果が↓です。

【施術1週間後】

*1週間で腰を左右に振ることができます。傷跡にはしっかりとテープを貼っていただきます。

 

こういった方にオススメ!

 

  • 急激なダイエットで皮膚だけがたるんでいる
  • 出産後のお腹がブヨブヨしている
  • 下腹部に皮膚のたるみが集中している

 

カテゴリー
脂肪吸引痩身注目記事
詳しい施術内容

痩身 リポセル

施術の説明:タミータック:余った皮膚を切除します。

施術のリスク:出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、漿液腫、皮膚知覚障害、麻酔によるアレルギー、頭痛、吐き気、再発など

価格:タミータック ¥800,000(税別)、 1エリア ¥9,000(税別)*リポセル(6エリアから施術可能)価格表はこちら

Before/モノトーン ▶ After/モノトーン
Before/フラッシュなし ▶ After/フラッシュなし
Before/フラッシュ+ ▶ After/フラッシュ+

院長のコメント

今回、タミータック+リポセルというハイブリッド治療を行いました。タミータックは確実にタルんだ皮膚を取り除き、脂肪が残っているウェスト周りの取りにくい脂肪にはリポセルが脂肪を撃退します! 痩身(=ダイエット)を目指すためには様々な方法があります。日々ジムに通って黙々とやる方、パーソナルトレーニングジムに通う方、医療痩身(切らない脂肪吸引や通常の脂肪吸引など)を求められる方・・・、いずれにしろ『理想のボディ』を目指す方!をM’sは応援します。それがM’s Diet(エムズダイエット)!!です。

術後の経過

デザイン(タミータック) 最大切除幅が8cmでした。おへそが変形しないようにデザインします。
デザイン(リポセル) リポセルを照射する部位をデザインマーキングします。M'sではMaxレベルで照射するので麻酔を行います。
術直後 手術直後の状態です。写真では見えませんが吸引ドレーンを留置します。

よくある質問

Qタミータックは、脂肪もとることができますか?

A弛んだ皮膚を切除するのがタミータックです。その皮膚の直下にある脂肪を一緒に取り除くことができますが、それよりも離れた位置を取るには脂肪吸引が必要となります。

Qリポセルはダウンタイムがありますか?

A『切らない脂肪吸引』の代名詞と言えるリポセルですのげ、ダウンタイムはほとんどありません。皮下に軽度の内出血を認める場合があります。

Qリポセル後に運動することは可能ですか?

Aはい、可能です。むしろ運動して代謝を高めていただいた方がリポセルの効果を最大限に実感して頂けるかと思います。

Pocket

  • ドクターについて
  • M'sアートメイク
  • M'sダイエット
  • エムズの眼瞼下垂治療
  • 未成年の方は「親権者同意書」をダウンロードしてください
  • パーソナルトレイニング M's Gym
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
M's
PAGE TOP