目の下の膨らみ・独自の涙袋がある方に裏ハムラ法で改善/中長期での膨らみの再発予防 | 横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

CASE REPORT目元の施術事例

目の下の治療

  • 裏ハムラ(経結膜的眼窩脂肪移動術)

【 40代/女性 】目の下の膨らみ・独自の涙袋がある方に裏ハムラ法で改善/中長期での膨らみの再発予防

トラコンハムラとか、裏ハムラなど通称呼ばれている経結膜的眼窩脂肪移動術は目の下の膨らみである眼窩脂肪の内部処理を行う治療です。中長期での膨らみの再発を予防してクッキリとした目元が復活します。


担当医からのコメント

三沢 尚弘 医師


目の下のクマ・たるみ治療において、眼窩脂肪の移動することが重要であることは繰り返し説明しています。内部から前方に出てくる眼窩脂肪なのでその構造を変えることを内部処理と呼んでいます。脱脂と違い(←脂肪を永久に取ってしまう)脂肪を移動させるだけなので生理的です。目の上や目の下が凹むこともなく、中長期での再発もなく、自然な目元の若返りや改善が得られます。

今回ご紹介したケースの方は、目の下の眼輪筋が多く、オリジナル(独自)の涙袋がある方ですが、その下にも眼窩脂肪による膨らみが多いと目元のメリハリがボヤけてしまうので、結果的に『疲れている?、、』『機嫌が悪い?、、、』などの印象を与えてしまいます。目の下を改善するだけでお顔が明るくなります。

また、重要なことは目の下の皮膚・筋肉が緩む前(50代は原則、皮膚の表側から行うハムラ法)に眼窩脂肪の移動を行うことで結果的に皮膚や筋肉の緩みの進行を遅らせることができます。

このケースでもふと鏡で自分を見た時、夜の電車に乗った時に窓ガラスに映った自分の顔を見た時に愕然ときていたようです。治療後には「もっと早くやっておけば良かった!」という声を頂いております。

目の下の膨らみで悩んでいる方は悩んでいる時間が勿体無いと思います。お一人で悩まずにご相談いただければと思います。目元が明るくなるだけで、きっと治療後の日常も明るくなると思います。

施術後の経過

  • 治療前

    真顔の状態です。両側の目の下の膨らみが顕著です。

  • 治療前

    思い切り口角を上げて笑った顔を作ってもらいましたが、目の下の膨らみは凹みません。通常、笑ったり、目を細めたりすると、目の下の膨らみは凹みます。それが改善しないのは、眼窩脂肪が多いためと思われます。

  • PO1D(手術翌日)

    術後翌日の状態です。腫れと内出血があります。

  • PO3D(術後3日)

    左目の下が内出血が現れした。3日経過しているのでお化粧をしても構いません。

  • 術中所見①

    右側(向かって右側)の移動が終わったところです。左は終わっていません。眼球を押すと目の下の眼窩脂肪は内圧が高まり、前方に突出するのですが、右は突出しません。左側は眼窩脂肪が膨らんで突出しています。

  • 術中所見②

    移動が終了したところです。膨らみは完全になくなり、平坦にしました。

施術カテゴリー
性別 女性
年齢 40代
撮影時期 術後3ヶ月
施術ドクター 三沢 尚弘
性別 女性 年齢 40代
撮影時期 術後3ヶ月 施術ドクター 三沢 尚弘

詳しい施術内容

施術概要 裏ハムラ(経結膜的眼窩脂肪移動術)
施術費用
¥ 550,000 (税込)
合併症リスク 出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔・薬剤によるアレルギー・アナフィラキシーショック、ドライアイ、一過性の視力低下、顔貌の変化、二重の左右差、まぶたの皮膚知覚障害、糸が露出する、目の中のゴロゴロ感、皮膚色素沈着、皮膚の表面の凸凹、頭痛、吐き気、その他再発など、下眼瞼外反症、仕上がりの左右差、結膜側過剰肉芽種形成

Doctor's Profile

形成・美容外科
エムズクリニック 院長

三沢 尚弘

形成外科専門医・救急科専門医
医学部を卒業後、日本屈指の研修施設病院である亀田総合病院で卒後研修を開始。医療の原点となる救命救急センターに8年間従事。
その後、米国臨床留学の登竜門である米国海軍病院に1年間勤務。医師として、そして外科医としてのトレーニングを研鑽し医療の礎を築き、平成28年6月に横浜市鶴見に『形成・美容外科 エムズクリニック』を開院

目元の施術事例一覧へ

目の下の治療

  • 裏ハムラ(経結膜的眼窩脂肪移動術)

【 40代/女性 】目の下の膨らみ・独自の涙袋がある方に裏ハムラ法で改善/中長期での膨らみの再発予防

トラコンハムラとか、裏ハムラなど通称呼ばれている経結膜的眼窩脂肪移動術は目の下の膨らみである眼窩脂肪の内部処理を行う治療です。中長期での膨らみの再発を予防してクッキリとした目元が復活します。


担当医からのコメント

三沢 尚弘 医師


目の下のクマ・たるみ治療において、眼窩脂肪の移動することが重要であることは繰り返し説明しています。内部から前方に出てくる眼窩脂肪なのでその構造を変えることを内部処理と呼んでいます。脱脂と違い(←脂肪を永久に取ってしまう)脂肪を移動させるだけなので生理的です。目の上や目の下が凹むこともなく、中長期での再発もなく、自然な目元の若返りや改善が得られます。

今回ご紹介したケースの方は、目の下の眼輪筋が多く、オリジナル(独自)の涙袋がある方ですが、その下にも眼窩脂肪による膨らみが多いと目元のメリハリがボヤけてしまうので、結果的に『疲れている?、、』『機嫌が悪い?、、、』などの印象を与えてしまいます。目の下を改善するだけでお顔が明るくなります。

また、重要なことは目の下の皮膚・筋肉が緩む前(50代は原則、皮膚の表側から行うハムラ法)に眼窩脂肪の移動を行うことで結果的に皮膚や筋肉の緩みの進行を遅らせることができます。

このケースでもふと鏡で自分を見た時、夜の電車に乗った時に窓ガラスに映った自分の顔を見た時に愕然ときていたようです。治療後には「もっと早くやっておけば良かった!」という声を頂いております。

目の下の膨らみで悩んでいる方は悩んでいる時間が勿体無いと思います。お一人で悩まずにご相談いただければと思います。目元が明るくなるだけで、きっと治療後の日常も明るくなると思います。

施術後の経過

  • 治療前

    真顔の状態です。両側の目の下の膨らみが顕著です。

  • 治療前

    思い切り口角を上げて笑った顔を作ってもらいましたが、目の下の膨らみは凹みません。通常、笑ったり、目を細めたりすると、目の下の膨らみは凹みます。それが改善しないのは、眼窩脂肪が多いためと思われます。

  • PO1D(手術翌日)

    術後翌日の状態です。腫れと内出血があります。

  • PO3D(術後3日)

    左目の下が内出血が現れした。3日経過しているのでお化粧をしても構いません。

  • 術中所見①

    右側(向かって右側)の移動が終わったところです。左は終わっていません。眼球を押すと目の下の眼窩脂肪は内圧が高まり、前方に突出するのですが、右は突出しません。左側は眼窩脂肪が膨らんで突出しています。

  • 術中所見②

    移動が終了したところです。膨らみは完全になくなり、平坦にしました。

施術カテゴリー
性別 女性
年齢 40代
撮影時期 術後3ヶ月
施術ドクター 三沢 尚弘
性別 女性 年齢 40代
撮影時期 術後3ヶ月 施術ドクター 三沢 尚弘

詳しい施術内容

施術概要 裏ハムラ(経結膜的眼窩脂肪移動術)
施術費用
¥ 550,000 (税込)
副作用リスク 出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔・薬剤によるアレルギー・アナフィラキシーショック、ドライアイ、一過性の視力低下、顔貌の変化、二重の左右差、まぶたの皮膚知覚障害、糸が露出する、目の中のゴロゴロ感、皮膚色素沈着、皮膚の表面の凸凹、頭痛、吐き気、その他再発など、下眼瞼外反症、仕上がりの左右差、結膜側過剰肉芽種形成

Information

この施術に関する情報

Doctor's Profile

形成・美容外科
エムズクリニック 院長

三沢 尚弘

形成外科専門医・救急科専門医
医学部を卒業後、日本屈指の研修施設病院である亀田総合病院で卒後研修を開始。医療の原点となる救命救急センターに8年間従事。
その後、米国臨床留学の登竜門である米国海軍病院に1年間勤務。医師として、そして外科医としてのトレーニングを研鑽し医療の礎を築き、平成28年6月に横浜市鶴見に『形成・美容外科 エムズクリニック』を開院

目元の施術事例一覧へ

関連する基礎知識

PAGETOP