過去の二重切開後の【眼瞼下垂】修正術!難易度高いケースでしたが劇的改善!! | 横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

CASE REPORT施術事例

過去の二重切開後の【眼瞼下垂】修正術!難易度高いケースでしたが劇的改善!!

40代/女性 

2021/06/05

過去に二重切開術の既往がある方です。

10年経過したのちに『眼瞼下垂』症状を呈するようになりました。

Before/施術前(フラッシュあり) ▶ After/施術後(フラッシュあり)
Before/施術前(フラッシュなし) ▶ After/施術後(フラッシュなし)

詳しい施術内容

目の上(二重、たるみ)

施術の説明:
二重切開他院修正+挙筋前転+皮膚切除

施術のリスク:
出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔によるアレルギー、再発、ドライアイ、一過性の視力低下、顔貌の変化、二重の左右差、上まぶたの皮膚知覚障害、目の中のゴロゴロ感、頭痛、吐き気、再発など

価格:¥600,000(税別)*片側ずつ希望される場合だったり、他院修は状況によっては料金が異なります。

価格表はこちら
Before/施術前 ▶ After/施術後
Before/施術前 ▶ After/施術後
Before/施術前 ▶ After/施術後

この施術に関して

この施術に関して

過去に二重切開術を行ったことがある方です。10年以上経過して眼瞼下垂を認めるようになりました。眼瞼下垂に伴いくぼみ目も認めています。二重形成においては生理的でない(無理がある)二重幅だったり、解剖学的構造が崩れるとこのように眼瞼下垂を認めるようになります。治療前後で比較しても治療前の状態にはいわゆる『目力』がなくなっています。術前後を比較しても術後の目元には力が入り、『眠そうではない』しっかりとした目元に変化しました。

術後の経過

治療前

過去に二重全切開術を他院で行ったことがあります。くぼみ目、下垂症状を認めます。

術中所見

腱膜、眼瞼挙筋は正常です。眼窩脂肪は下垂に伴って後転していただけで比較的たっぷりと存在しました。

右目術直後

理由があって、右目のみの治療をまず希望されました。

右目術後1週間後

片側のみの治療なので、当然ながらヘリングの法則に従い左目の下垂やくぼみ目が顕著に認めます。

右目術後1週間後(上方視)

上を見ると明らかに左右差があるのが分かります。

左目術直後

左目治療直後です。

左目術後1週間後

左の眉尻が上がっていて二重幅の左右を認めます。

ボトックス注射1週間後

左の眉尻にボトックス注射を行いました。

左目術後1か月後

黒目の大きさ、二重幅が揃いました。

左目術後3か月後

左右差はほぼ認めません。

左目術後3カ月(最大開瞼時)

目を大きく見開いても過開瞼ではありません。

筆者のご紹介

横浜市鶴見のエムズクリニック院長三沢 尚弘

形成・美容外科 エムズクリニック 院長三沢 尚弘

資格

  • 日本形成外科学会形成外科専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 米国医師国家試験合格
  • 日本医師会スポーツ認定医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • AHA BLS/ACLS Provider
  • AAP NRP Provider

所属学会

  • 日本形成外科学会正会員
  • 日本皮膚科学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本救急医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容医療協会
  • 日本臨床毛髪学会
  • 見た目のアンチエイジング研究会

PAGETOP