陥没乳頭治療~授乳をあきらめないで!~術後の乳汁分泌認めます。 | 横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

CASE REPORT施術事例

陥没乳頭治療~授乳をあきらめないで!~術後の乳汁分泌認めます。

30代/女性 

2019/05/21

今回ご紹介するのは、

陥没乳頭です。

陥没乳頭とは、乳首が乳輪より内側に引き込まれている状態です。その名のとおり陥没しているため陥没した部分に汚れがたまったり、妊娠後の授乳障害を起こして乳腺炎などの病気を引き起こす原因となります。乳首がでないので赤ちゃんが乳首を加え辛いので母乳で育てることが難しい状態です。

 

30代 女性 授乳歴あり

第一子の授乳で陥没乳頭のため途中で母乳をあきらめた方です。第二子の誕生を待望しおり、今度こそは母乳で育てたいという要望でした

Before/施術前 ▶ After/施術後

一般的な陥没乳首の治療法は上図左のようにジグザグに3箇所切開する必要がありますが、M’sの治療法では乳頭の上下2箇所に2ミリほどの切開をするだけ治療ができます。傷も目立たず、母乳が通る管を傷つける可能性も低いです。また、時間の経過により戻ってしまうようなこともありません。

施術カテゴリー

詳しい施術内容

陥没乳頭

施術の説明:
陥没乳頭手術:小切開法にて行い、陥没した乳頭を改善します。

施術のリスク:
出血、感染、知覚障害、授乳障害、再発など

価格:保険適用の場合:自己負担金(3割) ¥45,000(税別)

価格表はこちら

この施術に関して

この施術に関して

陥没乳頭とは、乳首が乳輪より内側に引き込まれている状態です。その名のとおり陥没しているため陥没した部分に汚れがたまったり、妊娠後の授乳障害を起こして乳腺炎などの病気を引き起こす原因となります。乳首がでないので赤ちゃんが乳首を加え辛いので母乳で育てることが難しい状態です。

 

術後の経過

治療前

治療前の状態です。両側の陥没乳頭を認めました。

治療前の乳汁分泌

第一子は母乳で育ていたので、治療前に乳汁の分泌を確認できました。

治療1週間後

陥没乳頭は改善されて乳頭の突出が確認できます。傷は乳頭の下に隠れるので影になって目立ちません。

治療1週間後

治療一週間後の状態です。乳管の損傷はないので乳汁の分泌を認めます。

筆者のご紹介

横浜市鶴見のエムズクリニック院長三沢 尚弘

形成・美容外科 エムズクリニック 院長三沢 尚弘

資格

  • 日本形成外科学会形成外科専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 米国医師国家試験合格
  • 日本医師会スポーツ認定医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • AHA BLS/ACLS Provider
  • AAP NRP Provider

所属学会

  • 日本形成外科学会正会員
  • 日本皮膚科学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本救急医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容医療協会
  • 日本臨床毛髪学会
  • 見た目のアンチエイジング研究会

PAGETOP