CASE REPORT施術事例

顔・目

ボトックスでも解消できない目の下のシワ解消方法は!? 40代/女性  2019/04/07

目の下のクマ・たるみ治療には下記の3つを改善することが重要です。

  • シワ(皺)
  • 膨らみ
  • 凹み

 

今回はこのシワ(皺)に関する内容です。

目の下のクマ・たるみに関する詳しくは↓、

目の下のクマ・たるみ分類

Before(フラッシュー) ▶ After(フラッシュー)
Before(フラッシュ+) ▶ After(フラッシュ+)

目の下にボリュームがない方です。ボリュームとはこの場合脂肪組織を意味します。

例えば、痩せた老人の顔を思い出してください。シワが多いと思います。一方、太った中高年の女性の顔を思い出してください。顔がパンパンに膨れ上がっていればシワ一つないと思います。

ボリュームがなければシワ(皺)が寄るのは直感的にわかるかと思います。

 

したがって、今回行った治療は、

脂肪注入(ピュアグラフト)+ 下まぶたの皮膚切除

です。

カテゴリー
目の下注目記事
詳しい施術内容

下まぶたの皮膚切除

施術の説明:下まぶたの皮膚切除:目の下皮膚を切除して縫合します。筋肉の固定は行いません。

施術のリスク:出血、感染、左右差、目の中のゴロゴロ感、頭痛、吐き気、再発など

価格:両目 ¥200,000(税別)価格表はこちら

目の下の脂肪注入

施術の説明:脂肪注入(ピュアグラフト):体の一部から採取しした約20ccの脂肪をピュアグラフトを用いて精製し、その脂肪細胞を目の下に注入します。

施術のリスク:目の下腫れや違和感、出血、感染、左右差、皮膚の一過性の凹凸、頭痛、吐き気、再発など

価格:ピュアグラフト ¥300,000(税別)価格表はこちら

Before/施術前 ▶ After/施術後
Before/施術前 ▶ After/施術後

院長のコメント

目の下の凹みとシワが合併した方でした。皮膚だけとっても目の下のボリュームは増えません。目の下に脂肪注入を行った後皮膚切除を行いました。取りすぎると目の下が引っ張らられて合併症である外反(あっかんべーの状態)になってしまいます。ボリュームを補ってから最小限の皮膚を取ること合併症を起こさず理想のカーブを描く結果が得られます。

*ボトックスは主に『カラスの足跡』と呼ばれる目の横の方にあるシワに有効です。今回のような目の下に皮膚が弛んでできているシワにボトックス注射を行っても改善は見込めません。

術後の経過

施術前デザイン 目の下、まつ毛直下を皮膚切開行います。目の下の点線で囲った三角部は脂肪注入を行う範囲です。
施術直後 直後はそれほど腫れはありません。最も腫れるのは術後1日目です。
Pocket

  • ドクターについて
  • M'sアートメイク
  • M'sダイエット
  • エムズの眼瞼下垂治療
  • 未成年の方は「親権者同意書」をダウンロードしてください
  • パーソナルトレイニング M's Gym
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
M's
PAGE TOP