二重 切開 | 横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

横浜市鶴見の形成・美容外科 エムズクリニック

CASE REPORT施術事例

二重 切開

2018/09/05

 

あまった皮膚、過剰な脂肪、眼瞼下垂などで黒目の開き具合が悪いなど、複合的な要素がある方には二重切開法がおススメです。埋没法に比べてダウタイムがありますが、理想の二重を手に入れることができます。皮膚、脂肪をしっかり調整して二重を形成するので半永久的に持続するのが切開法です。

 

こんな方におススメです。

・上まぶたが腫れぼったい

・アイプチなどで二重が作れない

・過去に埋没法を行ったことがあるが満足していない

Before/施術前 ▶ After/施術後
Before/施術前 ▶ After/施術後
Before/施術前 ▶ After/施術後

この施術に関して

この施術に関して

切開式でも『自然な二重』を目指すのがM’sのやり方です。左右差、目の開き、二重幅、目を閉じたときの傷跡など、こまかなところまで注意して行います。カウセリングでご希望の内容を伺いながら自然な目元の印象になるようにシュミレーションしてデザインを決定していきます。

皮膚:

余っている皮膚は切除を行います。ですが、控えめに切除を行います。一度取った皮膚は元には戻りません。

脂肪:

眼窩脂肪、ROOFと呼ばれる脂肪組織がありこれが目の腫れぼったさの原因です。これも取りすぎるとくぼみ目の原因になることがあるので注意が必要です。

筋肉:

瞼板前の眼輪筋の一部は切除することが多いのですが、これも控えめに行うことが重要です。取りすぎると瞼板前が皮膚とくっついて不自然になります。

挙筋腱膜:

黒目の大きさが少ない方(例えば、この記事でご紹介している方)は挙筋腱膜の処理を行います。

術後の経過

施術直後

術直後の腫れはこのくらいですが、翌日が最も腫れます。施術当日は可能な限り患部を冷やしてください。患部のお冷やしは術後3日間です。術後7日目に抜糸を行います。

施術内容
詳しい施術内容

目の上(二重、たるみ)

施術の説明:
全切開

施術のリスク:
施術のリスク:だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱、目がゴロゴロする、左右差があると感じる、違和感を感じる、目の上、目の下のくぼみなど

価格:片目 ¥125,000(税別)

筆者のご紹介

横浜市鶴見のエムズクリニック院長三沢 尚弘

形成・美容外科 エムズクリニック 院長三沢 尚弘

資格

  • 日本形成外科学会形成外科専門医
  • 日本美容外科学会専門医(JSAPS)
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 米国医師国家試験合格
  • 日本医師会スポーツ認定医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • AHA BLS/ACLS Provider
  • AAP NRP Provider

所属学会

  • 日本形成外科学会正会員
  • 日本皮膚科学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本救急医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本美容医療協会
  • 日本臨床毛髪学会
  • 見た目のアンチエイジング研究会

PAGETOP