CASE REPORT施術事例

肌

太田母斑 ADM(後天性真皮メラノサイトーシス) 30代/女性  2018/12/26

太田母斑やADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、皮膚の深いところにシミ(メラニン)が集積したものです。

したがって、↓ QスイッチNd YAGレーザーを使用します。

Before/施術前(フラッシュなし) ▶ After/施術後(フラッシュなし)
カテゴリー
シミ・肝斑
施術内容

スペクトラ(Qスイッチヤグレーザー)

施術の説明:Qスイッチレーザー、レーザートーニング:シミの部分にレーザーを照射します。

施術のリスク:内出血、色素沈着症、再発など

価格:シミの大きさによって異なります。価格表はこちら

院長のコメント

青アザの代表的なものとして太田母斑があります。先天的(生まれつき)にあるアザで顔面の目の周りやこめかみ付近にあるアザです。ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、紫外線などの影響で皮膚の下の方にメラニンが集積してしまったシミです。いずれも、通常のシミ治療などでは反応しません。的確な診断とダウンタイムなどに配慮した総合的なアプローチが必要です。

術後の経過

治療前(レーザー照射初回) フラッシュなしの撮影です。青く見えるのが太田母斑の特徴です。まずは、Nd YAGレーザー1064nmのQスイッチレーザーを照射します。
初回照射1週間後 Qスイッチレーザーの場合、このように内出血を起こします。ダウンタイムが比較的長いのがデメリットです。
初回照射3ヶ月後 薄くなってきます。色素沈着が残っています。Qスイッチレーザーだと内出血をしたり、色素沈着が残ったりするのでスペクトラトーニングという方法にモードを変更して行って行きます。ダウンタイムがないので患者さんの負担が軽減します。
6回目照射後(ノーメイク) まだ、少し残っていますがノーメイクでこの状態なので、メイクをするとほぼ分かりません。
LINEで送る
Pocket

  • ドクターについて
  • M'sアートメイク
  • M'sダイエット
  • エムズの眼瞼下垂治療
  • 未成年の方は「親権者同意書」をダウンロードしてください
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
M's
PAGE TOP